2017/06/06

黒騎士と白の魔王の感想評価レビュー!ガチャは緩めで無課金でも安心

 
黒騎士と白の魔王

この記事を書いている人 - WRITER -
このブログでは管理人が暇つぶしで気になったゲームアプリを紹介していくブログになります。たくさんのゲームを自由に紹介しいきますので記事の内容が参考になれば幸いです。
Sponsored Link

グラニが提供する全てが別格がテーマのRPG「黒騎士と白の魔王」についてです。

 

今回は黒騎士と白の魔王をプレイした感想や評価、ゲーム内容などを解説していきたいと思います。

 

黒騎士と白の魔王の内容は?

【出典:黒騎士と白の魔王公式

黒騎士と白の魔王は王道RPGでストーリーはフルボイスで随所でアニメーションも入れられており豪華な作りになっています。

ゲームシステムもMMOであるようなアイテムを売買するバザーがあったりと色々な要素が盛り込まれていました(*´ω`)

 

 

黒騎士と白の魔王のバトルシステムと見所について

黒騎士と白の魔王 ウェイトシステム

バトルシステムはリアルタイムでコマンドを選択していきますが、黒騎士と白の魔王の特長は「ウェイトシステム」です。

スキルを発動するには決められたターンが必要になり、先を読んで発動させなければいけないという駆け引きがあります。

 

黒騎士と白の魔王 バトルシステム

また、ロールという職業毎があり、高難易度クエストでは盾や回復、強力な攻撃をスタンで止めたりと、それぞれの役割が重要になってきます。

デッキを編成する際も強力なスキルはウェイトが長いのでバランスも考えないといけません。

 

 

黒騎士と白の魔王の育成要素は?

黒騎士と白の魔王 アクセサリー

デッキに編成するキャラクターは育成することでスキルやステータスを上げていく事が出来ます。

他にもロール毎のジョブボードを進めていく事でステータスを上げたり、上位職へ転職していく事も出来ます。

 

他にも、アクセサリーも重要な要素で作成し装備をさせる事でキャラクターを強化したりと、やり込み要素も多いです。

アクセサリーの材料はバザーで買ったり売ったり出来るので素材集めで金策も出来そうですね♪

 

 

黒騎士と白の魔王の対人や協力要素は?

黒騎士と白の魔王 対人戦

黒騎士と白の魔王では基本全てのクエストで他のプレイヤーとマルチプレイをすることが出来ます。

ただ、クエストには戦闘力キャップというものがあり、例えば戦闘力キャップ2000のクエストに戦闘力5000の人が来ても2000まで落とされます。

 

戦闘力キャップはクエストの目安になりますので、攻略の際は育成の目標にしていくといいでしょう。

対人に関してはギルド戦があり、今後コロシアムなども実装されていくと思います(*´ω`)

Sponsored Link

 

黒騎士と白の魔王の課金要素は?無課金だと楽しめない?

黒騎士と白の魔王 課金 ガチャ

課金要素は魔宝石を購入し、ガチャや体力の回復、アクセサリー所持枠の拡張などに使用していきます。

黒騎士と白の魔王は最高レアのSSRの排出確率が12.8%と高いので課金しなくてもSSRを手に入れる事は難しくありません。

 

ただ、キャラクター毎に適正ロールというものがあり、適正なロールで使用する事でロールボーナスを得て強化されるので、自分のロールに合わせてガチャは引いていきましょう。

 

 

黒騎士と白の魔王の感想評価

黒騎士と白の魔王 感想評価

総合評価
★★★☆☆(3/5点)

 

ゲームシステムやストーリーの見応えなど良い要素は沢山あり、RPG好きの方は好きだと思います。

ウェイトシステムについては慣れるまで難しく、これによって戦闘は長くなりがちなので、やり応えか面倒に思うかは好みが分かれると思います。

 

ただ、ゲーム自体は良いのですがアプリの不安定さやバグが多く、アプリも重いのは現状としては減点だと思います。

今後改善されていけば更に良いゲームになるという気はしますね(*^^*)

 

魔法石を無料で入手する方法についてはこちら

迫力のあるバトルや対人戦などのやり込み要素満載のアプリ!黒騎士と白の魔王 実は、この黒騎士と白の魔王に「魔法石を無料で入手できる裏ワザ」があることはご存...

 

リセマラの高速方法についてはこちら

黒騎士と白の魔王を始める方はリセマラについて気になりますよね。 今回は黒騎士と白の魔王での効率的な高速リセマラの方法やコツ、リセマラでの当たりや確率、演...

 

この記事を書いている人 - WRITER -
このブログでは管理人が暇つぶしで気になったゲームアプリを紹介していくブログになります。たくさんのゲームを自由に紹介しいきますので記事の内容が参考になれば幸いです。
 

Copyright© ゲームアプリ暇つぶし冒険記 , 2017 All Rights Reserved.